トップ

医師免許を取るためには

医師の資格を取得する

過疎地域

医師免許は国家資格です

医師免許は、国家資格です。資格を取得するためには、まず大学の医学部で、定められた課程を学ばなければなりません。その課程を修めた後に、国家試験を受験し、合格すると資格を得ることができます。医学部に入学するには高い学力が必要とされ、医学部に入学するための予備校などもあるほどです。国家試験に合格するには、さらに、高度で専門的な知識が必要となります。患者を診察して治療するという業務は医師免許のある人のみに認められています。それ以外の無免許の人がこの業務を行うと、違法となります。近年では、医療が細分化し、より専門的な知識が必要とされるケースも増えています。それに伴い、各診療科でエキスパートと呼ばれる医師なども増えています。医学の技術自体も常に進化しているため、それに対応する必要があり、常に知識や技術を学び、習得しています。人から尊敬されることも多い職業ですが、それだけ大変な仕事とも言うことができます。

免許取得は高いハードル

医師免許は研修医として仕事をするためには必須です。毎年1回行われる国家試験に合格しないと取得できません。国家試験を受けるには日本国内の医学部で6年間勉強した後に受験資格が与えられます。日本では国立と私立の医学部の授業料や施設費などの差が大きいことからまず国立大学医学部に入学する事が難関です。入学後の6年間で、座学だけではなく臨床実習で実際の患者と接し、コミュニケーションの取り方や病気の説明の仕方など先輩の医師の指導を受けて徐々に仕事としての基礎を築きます。臨床実習に出る際に学科試験などの試験があらかじめ行われ、その試験に合格しなければ実習を受ける事ができません。国家試験に合格後、免許が与えられますが、その後も研修医として専門の領域の勉強が続きます。臨床で5年ほど経験を積んだ後専門医の試験などがあり、生涯勉強する姿勢が求められます。その気持ちが患者の治療に反映します。中途半端な覚悟では長く仕事を続けることは不可能です。

↑PAGE TOP