トップ / 医師になるためには何年必要か

医師になるためには何年必要か

医師として働くため

過疎地域

医師になるには学ぶ必要がある

医師として病院で働いたり、開業するためには国家資格である「免許」が何より必要です。人の命を扱う仕事なだけに、一朝一夕でなれるわけではなく、目指すためにはそれなりの勉強や努力が不可欠です。また険しい道なので、それ相応の覚悟も必要となってきます。医師になるためには、全国にある医科大学や総合大学の医学部で六年間学ぶことが条件になりますが、そのためには、まず、それらの大学の入学試験に合格しなければなりません。入試レベルは他の学部よりも高いので、よほどの熱意とやる気がない限り、そう簡単に試験に合格することは出来ないでしょう。中には何年も浪人する人もいるほどです。また、国家資格は卒業と同時に得られるものではなく、試験に合格しないといけないので、在学中も気合を入れて勉学に励まないといけません。そして、努力の甲斐があって国家資格が得られても、さらに二年間の研修期間を積まなければ診療に従事することは出来ません。大変な道のりですが、それだけにやりがいのある仕事であることは間違いないでしょう。

医大で人生最大の試練

医師を目指して大学に進学した人は将来的に安泰かと言えば、半分は当てはまっています。しかしながら、それは類まれなる努力を積み重ねた人だけが手にすることができる栄光とも言えます。人生最大の試練とも比喩されがちな学生生活では、入学するまでに勉強が誰よりも得意だったと自負するような人でも苦労しがちです。毎日のように膨大な課題が出されてしまいますから、大学を卒業してから医師になりたいと願う人たちは寝る間も惜しんで提出に間に合わせます。一睡もできない日があることは珍しくなく、万全ではないコンディションのまま新たに大事なことを学びに自宅を飛び出します。そのような生活をしつつも体調を崩すことは落第につながってしまうので、得た知識を総動員させて寝込まないように励んでいます。過酷とも言うべき学校生活を耐えぬいて一定の成績で大学を卒業できた人のみが、医師として活躍することができるポテンシャルを持っていると認められます。

↑PAGE TOP