トップ / 医師に必要な手続きは

医師に必要な手続きは

医師になるための登録

過疎地域

医師の資格だけでなく登録も必要

医師の資格を持っているからといって、診療上特に支障がないというわけではありません。さまざまな手続きが必要となります。具体的に例を挙げれば、保険診療を行う場合は保険医としての登録が必要です。麻薬の処方に関してもそうです。麻薬の処方は医師の資格とは別に麻薬施用者としての届け出が必要になります。また近年では地域連携の立場から、地域医療支援病院の登録医という形も必要になってきます。そのほか専門医として学会との関連で必要に応じて届け出るケースもあるでしょう。このようにさまざまな手続きが必要なのです。

医師の登録を維持しておく

医師国家資格を持っている人の多くは免許の登録を行っているでしょう。仕事に従事している人は当然、免許が必要になってくることになりますが、実際に仕事に携わっていない人であっても、仕事に復帰するときのためにそのまま登録を維持しておいたほうが良いでしょう。医師の免許があれば、一般的な仕事と比べてもかなり条件の良い仕事を見つけることが出来、スポットの仕事であってもかなり条件が優れている仕事を見つけることが出来ます。

↑PAGE TOP