トップ / 地域による医師の数は

地域による医師の数は

医師の人数について

過疎地域

医師の飽和状態について

過疎地域では医師不足が叫ばれる中、一部の診療科では、医者の飽和について、危惧する状況が続いています。国家試験を合格することで、免許取得が可能となりますが、この免許は診療の専門分野の制限はない総合資格です。例えば、眼科の専門医が、心臓外科の手術をおこなうことは規則上問題ありません。そうした制度の中で、医師の給与は手術の難易度や勤務の辛さなどで傾斜は無く、どの診療科でも同じ報酬となります。そのため業務が楽な、診療科は医者が飽和状態となっています。

医師の飽和状態化で問題解決

医師の飽和状態化が進むと医療機関にとっては嬉しい結果が訪れるので、歓迎されている将来的な傾向です。供給過多と考えられている医療現場には、まだまだ人手不足のポジションが数多くあります。世間一般で感じられている供給過多の状態と現場が抱えている問題との間には、認識の齟齬が生じているというわけです。より一層医師の飽和状態化が促進されることによって、医療現場において人手不足の悩みが発生しなくなり安定的な治療が行えます。

↑PAGE TOP