トップ / 医師の割合には差がある

医師の割合には差がある

医師の割合に関して

過疎地域

医師の割合について知る

医師免許は、一度取得すると、麻酔科を除きどの診療科であっても進むことが可能です。忙しい診療科に進んでも、比較的暇な診療科に進んでも、同じ給与となるため、人気になる診療科と不人気な診療科の医師の割合には大きな差が生まれます。小児科や産婦人科は多忙を極めるため、希望する医者の割合は非常に低くなります。大学病院の産婦人科は、子宮筋腫など出産のリスクが高い方があるまるため、手術の難易度も高く、それに伴い訴訟のリスクが伴います。そうした、状況を敬遠するかたは、皮膚科などに流れる傾向にあるようです。

老人系を担当する医師の割合

医師全体の中での割合は、老人系を担当する人間が増えています。原因は、高齢化に伴うシルバー社会が訪れたからです。後期高齢者に対して国の支援は潤沢に行われます。その割合は、若者や中高年と比べても非常に大きいです。医師を職業とする側にしては、高齢者の相手をするのは時間給に換算して非常に美味しいです。高齢者は大人しく、問題行動を起こす人間が少ないです。よって仕事相手として扱うには、最適の人材となるのです。

↑PAGE TOP