トップ / 医師の多忙さと責任の重さ

医師の多忙さと責任の重さ

医師の印象と実際

過疎地域

医師は多忙な中にもやりがいが

医師と聞くと、どんな印象を持つでしょうか。頭がいい、給料が高いなどの他に多忙だという印象を持つ方も多いと思います。実際、仕事は忙しく、その責任も大きいです。しかし、そこには大きなやりがいがあります。病院を訪れる患者さんの悩みや苦しみに対して、いろいろな医療技術を駆使して治療にあたることで、患者さんの人生を支えることができます。病気がよくなったり、けがが治ったりすることは、患者さんにとって人生を左右するほど大きなことです。ですから、医師は、多忙な中にも大きなやりがいを感じられる職業です。

医師が多忙な原因の1つは書類

「先生まだナースステーションにいる」、「日曜日なのに今日も出てきている」と入院したことのある患者さんなら1度や2度は思ったでしょう。病院勤務の医師が多忙ですが、書類の作成がなければどれだけ楽になるか、というのもよく言われることです。生命保険の書類、介護保険や要介護認定の書類、障碍者関係の書類などたくさんあり、患者さんが寝静まってから作成することが多く、多忙の原因の1つです。ドラマの女性医師のように、手術と診療だけで他のことは「致しません」と言えればよいのですが、そうもいきません。

↑PAGE TOP