トップ / 医師不足の問題点とは

医師不足の問題点とは

過疎地の医師不足

過疎地域

医師は不足しているのか

都市部には多くの医療機関が集中し、人口に対する医師の人数も十分なレベルにありますが、地方は全く異なります。特に大都市から離れた僻地などの過疎地は医師不足の傾向が顕著であり、大きな社会問題となっています。医師不足の地域によっては、人口10万人あたりの医師人数が大都市圏の半数にも満たないところがあるなど、その実態は深刻化しています。医師不足は地域医療の弱体化を招き、実際に北海道の東部においては、地元に常勤の産婦人科医がいなくなり、数十キロも離れた地区の病院に行かないと診察を受けられないところもあります。

地方の医師不足は深刻である

地方の医師不足対策が急務となっています。しかし、地方における医師は引く手あまたであるとも考えることができます。特に過疎地や山間部などの公立病院では、医師をかなりの高待遇で募集している案件も見られますので、僻地勤務を希望している医師にとっては狙い目であるといえるでしょう。地域医療の実態を的確に捉え、自身のスキルアップのためにそれらの場所での勤務も一考してみてはいかがでしょうか。医師求人サイトで検索すると多くの案件がヒットしますので、勤務条件や待遇によっては検討の価値があると言えます。

↑PAGE TOP